読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3dCGソフトの使い方

Maya、ZBrush、Daz Studio、Marvelous Designerなどの使い方まとめ。

【Maya】大きなアイテムを簡単に取り回す方法

【Autodesk Maya 2014】使用

 

【Maya】大きなアイテムを簡単に取り回す方法

  • ヌルを入れるw

    Daz Studio4.9では↓こういう方法を使っていたのに、Mayaではしてなかった。

    【D|S】大きなアイテムを簡単に取り回す方法【一分でできる】 | Create3D-3dCG制作作業日記

    f:id:amakawawaka:20170218082953j:image

    ↑切っ先、『ゼロ位置』、太刀打ちの端、石突きにヌル代わりにプレーンを置いた。

     

     

    ↓全部グループに入れて、グループごと、アトリビュートエディタで

    f:id:amakawawaka:20170218082946j:image

     

    ↓チェックを外して、テンプレートにする。

    f:id:amakawawaka:20170218082923j:image

    これで、触れない見られない、けれどアウトライナでだけは選択できる。

     

    サイズを100にしておくと

    f:id:amakawawaka:20170218082949j:image

    ↓フォーカスしたときにこれぐらいのサイズになる。

    f:id:amakawawaka:20170218082937j:image

    これが1だと、凄くアップにされて毎回引くのが邪魔臭い。

     

    ↓10だとこれぐらい。

    f:id:amakawawaka:20170218082928j:image

    作り込んでるところはこの方が見やすいな。

     

    刀身作る最初からやっとけばよかったw

    DAZではやってたのに、Mayaではできないと思い込んでた。

    だって『ヌル』がないからw

     

    「『ヌル』の代用」なんてどのメッシュでもできるんだけど

    『できないと思ってた』からずっとできなかったんだよね。

     

    『できない』と『思った』時点で、目をふさがれてしまうんだよね。

    だから、目の前に方法があっても見えないの。

    見えないからできないの。

    見えないから『存在しない』と思って『探さない』の。

     

    なんでも『できる』と思ってやってこーっ! おー!

    よし。

     

     

     

【Maya】大きなアイテムを簡単に取り回す方法

でした。

 

エンジョイ! & サンキュー♪

天川和香

 

 【この記事を書いた日 2017/02/18  8:44 】